スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドライアイヒェンハイン 

ドライアイヒェンハイン~Dreieichenhain
なんとも言い難い名前の町ですが(正式にはドライアイヒという町に属していて、地域の名前?とでも言うのでしょうか)偶然通った時にクリスマスマーケットが開催されていたので立ち寄りました。
古い建物が残る小さな町です。

サンタと家

町の外にあるレストランに、サンタさんがよじ登っていました。
この泥棒サンタさん(笑)、クリスマスの飾り付けに人気です。うちの子どもも欲しいと言っていました。

お菓子の家

小さな町の小規模なマーケットなので、出店者も地元の人が多いよう。
手作りのお菓子の家があって、思わずパチリ。
食べずにずっと飾っておきたいですね。

ミニクリスマスツリー

ツリーのオーナメントが売られていたお店のツリー。
とても素敵なツリーで、こちらも思わずパチリ。

シュトレン

ドイツのクリスマス菓子と言えば、レープクーヘンとシュトレン。
レープクーヘンは、香辛料が沢山入っていて好みが分かれそうですが、シュトレンは割と食べやすいかな。
最近は、日本でも売られていますよね。
シュトレンは結構好きなお菓子だけれど、もう少ししっとりしていたら美味しいのになぁ。
[2006/12/18 08:18] クリスマスマーケット | トラックバック(0) | コメント(-)

ダルムシュタットPart2 

ワンコ?

一瞬ホンモノの犬かと思いました。
おもちゃ屋さんの屋台の前に展示されていました。

焼きソーセージ

ドイツと言えば、ソーセージ。
その中でも「チューリンゲン地方」の焼きソーセージは多くのドイツ人が美味しい!と言います。
一応そのチューリンゲンの焼きソーセージですが、やっぱり本当のチューリンゲン地方の焼きソーセージの美味しさにはかないません。
マスタードがたっぷりかかっていますが、全く辛くないマスタードです。

ゴミ箱

ソーセージ屋台のゴミ箱。

なぜか日本のおもちゃ

おもちゃ屋さんの屋台に、何故か日本のおもちゃがたくさん売られていました。前に流行った「ベイブレード」もどきの物かな?
1.95ユーロ。日本物としては、破格のお値段。(中国製だと思うけれど…)

Feuerzangebowle

今年初めてのグリューワイン。
と言うか、実はグリューワインに、ブランデーと溶かした砂糖が入った「フォイヤーツァンゲ」です。
後ろに見える銅のお鍋で温めています。
飲みやすくて好きです。素焼きのカップは2ユーロのデポジットを払って、貰ってきました。

ダルムシュタット編、以上です。
[2006/12/18 07:42] クリスマスマーケット | トラックバック(-) | コメント(-)

ダルムシュタットPart1 

ダルムシュタット

ダルムシュタット(Darmstadt)という町のクリスマスマーケットに行ってきました。

ダルムシュタットのクリスマスツリー

ここのツリーは、フランクフルトのよりも高さこそ及びませんが、枝振りなど全体のまとまりが良くて立派に見えました。

ロウソク屋さん1


ロウソク屋さん2

どこのマーケットでも見かける、ロウソク屋さん。
ドイツ人はロウソクが大好き。
夜は電気を消してロウソク照明だけ・・・なんて人もいます。
西洋人の薄い色の目は明るい場所には弱いですが、暗い所ではその性能を発揮するようです。

蜜蝋屋さん

蜜蝋のお店もよく見かけます。
火をつけると、ほんのり甘い匂いがして大好きです。

ケーキの型

ケーキの型が売られているお店。
薔薇のケーキ型がありました!うまく出来るのでしょうか?

Ich liebe Dich!

Ich liebe Dich(アイラブユー)
と書かれた、大きなレープクーヘン。

Part2に続く
[2006/12/14 06:49] クリスマスマーケット | トラックバック(0) | コメント(-)

アシャッフェンブルクPart2 

キリスト生誕

クリスマスマーケットでは定番の「キリスト生誕」
これを小さくした物も、家庭のクリスマスの定番の飾りです。
実はうちにもあるのですが、宗教心の薄い家庭なのであまり出されません(^-^;)

ピラミッド

巨大ピラミッド。
やはり小さい物が、家庭用にあります。結構いいお値段。

ライベクーヘン

フランクフルトPart1でも紹介した、ジャガイモパンケーキ。
屋台では、古い油を使っている事が多くて、ベタベタ気持ち悪くてとても食べられた物じゃないのですが、ここの物は、美味しかったです。
夫が食べたので(彼は、古い油でも何でも3枚ぺろりと食べられる…)少し貰って食べてみました。
作っている人は、インド人?(だから美味しかったのかも…)

ライベクーヘン2

アップ。

アシャッフェンブルク編、以上です。
また、他のクリスマスマーケットに行ったらアップしたいと思います♪
[2006/12/08 08:00] クリスマスマーケット | トラックバック(0) | コメント(-)

アシャッフェンブルクPart1 

アシャッフェンブルクという町のクリスマスマーケットに行ってきました。
この町は、既にバイエルン州になります。
バイエルンといいますと、ミュンヘンや、ロマンチック街道の主な町。
そして、ルートヴィッヒ2世夢のお城「ノイシュヴァンシュタイン城」がある、ドイツ観光の目玉となる州です。
アシャッフェンブルクはバイエルン州とはいえ、西北の端にあるため州都のミュンヘンよりも、よっぽどフランクフルトの方が近いです。
くるみ割り人形

アシャッフェンブルクのマーケットの入り口では、くるみ割り人形がお迎えしてくれました。

コスプレ!?屋台

中世の料理人風のコスプレしたお兄さんが屋台にいました。
後ろの窯で、ミニピザ風の物を焼いていました。

ピザ?

お野菜がしっかり入っていて美味しかったです。
直径15センチくらい?これで2.5(3だったかな?)ユーロはお得だったと思います。

ガラスオーナメント1


ガラスオーナメント2

フランクフルトにあったものと同じガラスのオーナメント。
小さい物(直径5センチくらい)で一つ7.5ユーロ。
一つだけじゃツリーも映えないしなぁ…。
10個買ったら一万円です…。当分買えそうもありません。
Part2に続きます。
[2006/12/08 07:46] クリスマスマーケット | トラックバック(0) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。