スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

番外編 ロドス島-リンドス 

ロドス島古代三大都市のひとつ、リンドス。
残り二つが「イアリソス」と「カミロス」というところですが、このリンドスが一番当時の面影を残している。とのことで、沢山の観光客で賑わっていました。

遠くから城砦を臨む

町中は、車の乗り入れは禁止になっています。(というか、車などは入れないほど路地が狭い!)
この広場で、車は行き止まり。
ここから先は、人とロバの世界です。

オレンジ畑と海

町の入り口広場から見た、オレンジ畑と海。

ロバ

町に入るとすぐ、ロバ乗り場があります。ロバに乗って城砦まで行くことも可能でした。

陶器屋さん

陶器が売られているお店。とっても素敵でしたが、重くて割れる心配のある物を買う勇気がありませんでした(;-;)

町の様子

町のメイン通りは、ほぼすべてがお土産物屋さんでした。

階段を上って

城砦、アクロポリスを目指して階段をひたすら登ります。
階段脇にも、沢山のお土産物屋さんがありました。

途中から町を見下ろす

少し上ったところから、町を眺めました。
白い家々が、まさにイメージ通りのギリシャ!です。

城砦まであと少し…

まだまだ階段を上ります…。

遠くから町を望む

だいぶ高い所まで来ました!

蒼い海

もう一度海を見下ろします。エメラルドグリーン!!
緑の少ない山肌に、乾いた地中海性気候を感じます。


結構ハード

さらに上って、アクロポリスを目指します。

遠くに海

後ろを振り返ると、遠くに海。
古代の人々も同じ風景を見ていたんですね。

アクロポリス

歴史の教科書に出てくるような神殿に感激。

断崖絶壁の下には紺碧の海

神殿の横は、断崖絶壁!遮る物は何もありませんでした(^_^;)
神殿の写真の左端の30センチくらいの塀?この真下を撮ったものです。

断崖絶壁2

別の角度から見た、断崖絶壁。
それにしても、美しい紺碧の海にうっとりでした。
丸く囲まれている港?は、昔聖パウロがロドス島に到着した場所だと言われているそうです。
小さな教会があるのですが…見えませんよね(笑)

一番高いところから町を見下ろす

神殿のある場所から撮った、リンドスの町。

町中

また、町へ戻って来ました。
お土産物屋さんの賑わいから、一歩外れた道に出ると引き込まれるような静寂が漂っていました。

町中2

翌日も、またリンドスへ行きました。
この日は、天気がイマイチで空も少しどんより。
EF55-200mm F4.5-5.6 Ⅱ USM を使って撮影しました。天気が悪いのと、望遠の撮影なので、ちょっとぼやけていますがお許しを…(^_^;)
(これまでの写真は、殆どがEF-S18-55mm F3.5-5.6 Ⅱ USMの使用です。)

オレンジ畑と家々

オレンジ畑と家々。
この家々に住む人たちは、毎日素晴らしい風景を見ながら生活しているんだなぁ。ちょっと羨ましい・・・。
かといって、一生ロドス島で過ごせるか?と聞かれたら、答えはNOなんだけれど…。
いいなー、羨ましいなぁ…って、簡単に言えるけれど、本当はそんな使う言葉じゃないのかもしれない。。。

町中3

アップ。
スポンサーサイト

[2007/06/12 07:30] 旅行 | トラックバック(0) | コメント(-)

番外編 ロドス島2 

城門から・・・

町のすぐ外は地中海(エーゲ海)
城門から見える、真っ青な海にロマンを感じます。


街中

町の様子。


騎士団通り

お城へ続く道の騎士団通り。
ここだけは、規制されているのでしょうか、お土産物屋さんが一軒もありませんでした。
誰もいなかったら、馬にまたがった中世の騎士が隣を駆け抜けて行きそう。


お城2

お城の入り口。本当に重厚な作りでした。
同じ中世でもドイツの質実剛健なライン河沿いお城とは異なる魅力です。


街中2

街中3

街中4

中心街から、少し抜けたあたりの町の様子です。
狭い石畳の道沿いに、沢山の素敵なお店があって、一つ一つゆっくり見ていきたかったのですが、時間がありませんでした。
ロドス・シティの、まさにそのまんま中世!という姿を見てしまうと、次回ドイツのロマンチック街道の町を見ても、テーマパークにしか見えなくなるかもしれません(^_^;)
中世の町を借りて、現代の人々が生きている町でした。
[2007/06/09 07:55] 旅行 | トラックバック(0) | コメント(-)

番外編 ロドス島1 

ずっと放置していましたが(^_^;)、忘れていた…というよりも、納得いく写真が撮れなかったのでお休みしていました。(言い訳)
先月、ギリシャのロドス(ロードス)島に行ってきたので、その時の写真を少しアップします。
ロドス島の中心の町、ロドス・シティは旧市街全体がユネスコ「世界遺産」に登録されているそうです。
中世そのままの町が現代の観光地として栄えている姿は、なんともふしぎな感覚にとらわれました。

城壁の外

城壁の外からの写真です。内堀?みたいなところをたくさん歩いて町への入り口に着きました。

トンネル

城壁のトンネルを抜けて、旧市街に入りました。
城壁は、なんと12Mもの厚さがあるそうです!

入り口

さらに入り口。ここから本格的に旧市街が始まりました。

騎士団のお城1

騎士団のお城。時間がなくて、中の見学が出来なくて残念。

ソクラテス通り

お土産物屋さんが立ち並ぶ、おそらく町で一番栄えている通り。
後ろに見える尖塔は、モスク。
オスマントルコ支配時代に建てられたものだそうです。

広場

つき当たった広場。
5月だというのに、観光客で溢れています。ハイシーズンは、どのくらいの人出になるのでしょう。

[2007/06/09 07:26] 旅行 | トラックバック(0) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。