スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヴィースバーデン 

今年は、これが最後のクリスマスマーケットです。
やっと暗くなった時間に行けました。
ヘッセン州の州都ヴィースバーデン(Wiesbaden)です。

ヴィースバーデン入り口

マーケットのゲート。
ヴィースバーデンは、有名な温泉の町でもあり、温泉の街はドイツでは、なぜか「お金持ち」の人が沢山住んでいます。
お金持ちの多いヴィースバーデンの街は、どこか他の町と違い洗練されています。
ゲートの上の部分のお花のようなライトが至る所に設置されていて、とても美しかったです。

ツリー

ライトアップされているからかもしれませんが、今年見たどの町のツリーよりも立派に見えました。
この日は、クリスマスマーケット最終日でものすごい人出だったため、子連れではとてもツリーのそばには近づけませんでした。

Wiお店1

出店はこんな感じ。

メリーゴーラウンド

立派なメリーゴーラウンドと教会


グリューワイン

夜はさすがに冷えたので、身体を温めるグリューワインが嬉しかったです。

舞台

これまた綺麗な舞台の飾り。
ブラスバンドの演奏がされていました。

ヴィースバーデン。以上です。
今年のクリスマスマーケットの写真は、これにて終了。
来年も、また色々なマーケットに出かけたいと思います。

さて、これから風景写真は何を撮ろうか…。
スポンサーサイト

[2006/12/27 08:58] クリスマスマーケット | トラックバック(1) | コメント(-)

ギーセン 

まだ一度も行った事のなかった、ギーセン(GIESSEN)という町のクリスマスマーケットに行ってみました。
静かです・・・@ギーセン

着いたのはお昼頃。
日曜と言う稼ぎ時のはずなのに…何故だかマーケットのお店はほとんど閉まっています…
えぇぇーーっなんで??


グリル

とりあえず、開いていたグリルの屋台で腹ごしらえ
炭火で焼いたソーセージや豚肉のステーキはとっても美味しくて大好きです。


ステーキサンド

ドイツ屋台の食べ物で、私が一番大好きな、炭火焼豚肉のステーキサンド。
豚肉がジューシーでたまりません。(ジューシーさが伝わらない写真ですみません…)


チョココーティングフルーツ屋さん

いちご、葡萄、バナナなどフレッシュなフルーツをチョコレートでコーティングしたフルーツが売られているお店。
子供がいちごのチョコレート掛けを食べました。少しわたしも貰いましたが、美味しかったです。


けむりを吐くお家

ちょっと遠くからで見難くてごめんなさい。
陶器で出来た家の中に、お香を炊いて入れると煙突からけむりが…。
欲しいけれど…。
そこそこのお値段がする事と(20~30ユーロくらい?)これに合う置く場所が我が家には、ないので買えません(><)


ちょっと賑わってきました

お昼の1時を過ぎたあたりから、ボチボチと屋台がオープンし始めました。
どうやら、日曜のマーケットのオープンはお昼過ぎからのようでした。
何も調べないで行くので、こういう事になります(^-^;)


お菓子の家@ギーセン

キッチン用品が売られている屋台で見かけた、お菓子の家。そして、それを作るためのクッキー型。
お菓子の家を作るのは、お菓子作りと言うよりも、工作感覚でしょうね~。
お菓子を作るのは、好きなほうですが、お菓子の家作りは不器用な私には無理そうです。

[2006/12/23 10:50] クリスマスマーケット | トラックバック(0) | コメント(-)

ドライアイヒェンハイン 

ドライアイヒェンハイン~Dreieichenhain
なんとも言い難い名前の町ですが(正式にはドライアイヒという町に属していて、地域の名前?とでも言うのでしょうか)偶然通った時にクリスマスマーケットが開催されていたので立ち寄りました。
古い建物が残る小さな町です。

サンタと家

町の外にあるレストランに、サンタさんがよじ登っていました。
この泥棒サンタさん(笑)、クリスマスの飾り付けに人気です。うちの子どもも欲しいと言っていました。

お菓子の家

小さな町の小規模なマーケットなので、出店者も地元の人が多いよう。
手作りのお菓子の家があって、思わずパチリ。
食べずにずっと飾っておきたいですね。

ミニクリスマスツリー

ツリーのオーナメントが売られていたお店のツリー。
とても素敵なツリーで、こちらも思わずパチリ。

シュトレン

ドイツのクリスマス菓子と言えば、レープクーヘンとシュトレン。
レープクーヘンは、香辛料が沢山入っていて好みが分かれそうですが、シュトレンは割と食べやすいかな。
最近は、日本でも売られていますよね。
シュトレンは結構好きなお菓子だけれど、もう少ししっとりしていたら美味しいのになぁ。
[2006/12/18 08:18] クリスマスマーケット | トラックバック(0) | コメント(-)

ダルムシュタットPart2 

ワンコ?

一瞬ホンモノの犬かと思いました。
おもちゃ屋さんの屋台の前に展示されていました。

焼きソーセージ

ドイツと言えば、ソーセージ。
その中でも「チューリンゲン地方」の焼きソーセージは多くのドイツ人が美味しい!と言います。
一応そのチューリンゲンの焼きソーセージですが、やっぱり本当のチューリンゲン地方の焼きソーセージの美味しさにはかないません。
マスタードがたっぷりかかっていますが、全く辛くないマスタードです。

ゴミ箱

ソーセージ屋台のゴミ箱。

なぜか日本のおもちゃ

おもちゃ屋さんの屋台に、何故か日本のおもちゃがたくさん売られていました。前に流行った「ベイブレード」もどきの物かな?
1.95ユーロ。日本物としては、破格のお値段。(中国製だと思うけれど…)

Feuerzangebowle

今年初めてのグリューワイン。
と言うか、実はグリューワインに、ブランデーと溶かした砂糖が入った「フォイヤーツァンゲ」です。
後ろに見える銅のお鍋で温めています。
飲みやすくて好きです。素焼きのカップは2ユーロのデポジットを払って、貰ってきました。

ダルムシュタット編、以上です。
[2006/12/18 07:42] クリスマスマーケット | トラックバック(-) | コメント(-)

ダルムシュタットPart1 

ダルムシュタット

ダルムシュタット(Darmstadt)という町のクリスマスマーケットに行ってきました。

ダルムシュタットのクリスマスツリー

ここのツリーは、フランクフルトのよりも高さこそ及びませんが、枝振りなど全体のまとまりが良くて立派に見えました。

ロウソク屋さん1


ロウソク屋さん2

どこのマーケットでも見かける、ロウソク屋さん。
ドイツ人はロウソクが大好き。
夜は電気を消してロウソク照明だけ・・・なんて人もいます。
西洋人の薄い色の目は明るい場所には弱いですが、暗い所ではその性能を発揮するようです。

蜜蝋屋さん

蜜蝋のお店もよく見かけます。
火をつけると、ほんのり甘い匂いがして大好きです。

ケーキの型

ケーキの型が売られているお店。
薔薇のケーキ型がありました!うまく出来るのでしょうか?

Ich liebe Dich!

Ich liebe Dich(アイラブユー)
と書かれた、大きなレープクーヘン。

Part2に続く
[2006/12/14 06:49] クリスマスマーケット | トラックバック(0) | コメント(-)

アシャッフェンブルクPart2 

キリスト生誕

クリスマスマーケットでは定番の「キリスト生誕」
これを小さくした物も、家庭のクリスマスの定番の飾りです。
実はうちにもあるのですが、宗教心の薄い家庭なのであまり出されません(^-^;)

ピラミッド

巨大ピラミッド。
やはり小さい物が、家庭用にあります。結構いいお値段。

ライベクーヘン

フランクフルトPart1でも紹介した、ジャガイモパンケーキ。
屋台では、古い油を使っている事が多くて、ベタベタ気持ち悪くてとても食べられた物じゃないのですが、ここの物は、美味しかったです。
夫が食べたので(彼は、古い油でも何でも3枚ぺろりと食べられる…)少し貰って食べてみました。
作っている人は、インド人?(だから美味しかったのかも…)

ライベクーヘン2

アップ。

アシャッフェンブルク編、以上です。
また、他のクリスマスマーケットに行ったらアップしたいと思います♪
[2006/12/08 08:00] クリスマスマーケット | トラックバック(0) | コメント(-)

アシャッフェンブルクPart1 

アシャッフェンブルクという町のクリスマスマーケットに行ってきました。
この町は、既にバイエルン州になります。
バイエルンといいますと、ミュンヘンや、ロマンチック街道の主な町。
そして、ルートヴィッヒ2世夢のお城「ノイシュヴァンシュタイン城」がある、ドイツ観光の目玉となる州です。
アシャッフェンブルクはバイエルン州とはいえ、西北の端にあるため州都のミュンヘンよりも、よっぽどフランクフルトの方が近いです。
くるみ割り人形

アシャッフェンブルクのマーケットの入り口では、くるみ割り人形がお迎えしてくれました。

コスプレ!?屋台

中世の料理人風のコスプレしたお兄さんが屋台にいました。
後ろの窯で、ミニピザ風の物を焼いていました。

ピザ?

お野菜がしっかり入っていて美味しかったです。
直径15センチくらい?これで2.5(3だったかな?)ユーロはお得だったと思います。

ガラスオーナメント1


ガラスオーナメント2

フランクフルトにあったものと同じガラスのオーナメント。
小さい物(直径5センチくらい)で一つ7.5ユーロ。
一つだけじゃツリーも映えないしなぁ…。
10個買ったら一万円です…。当分買えそうもありません。
Part2に続きます。
[2006/12/08 07:46] クリスマスマーケット | トラックバック(0) | コメント(-)

フランクフルトPart3 

画像を640ピクセルサイズにアップしてみました。
重すぎたらごめんなさい。

りんご飴

りんごあめ、こちらにもあります。
最初見たときはびっくりしました。
りんご飴って日本発祥?それともヨーロッパ発祥のものなんでしょうか?

ソーセージ屋台

ドイツと言えば、ソーセージ。クリスマスマーケットにも沢山屋台が出ています。
暇そうだったので、思わず近づいて写真を撮ったら
「写真だけじゃなくて、買っていったよ。」と右から2番目のおじさんに言われてしまいました。
「ごめんねー。お腹いっぱいなの。次回~!」と言って逃げてきましたが…恥ずかしかった~~(汗)

お星さま

お星さまの飾りが一杯。
どこに使うんだろ?
売り子の女の子がこちら見ていますね。
後から写真を見ると、結構目が合っている事があるのでヘンな感じです。

赤と金のリボン

クリスマスツリーを下から
オーナメントは、(ラメ入り)レッドとゴールドのリボンのみ。
シンプルイズベスト?

アルファベット電車

アルファベットの汽車
以前友達からお土産に貰った事があります。
子供部屋に子供の名前で飾るとちょっと素敵なアクセサリー。

レープクーヘン3

またまたレープクーヘン。
「Ich hab Dich soo Lieb!」(あなたがとても好きよ)
よく親が子供に言うセリフが書いてあります。
カップルでもオッケーかな。

レープクーヘン文字入れ

レープクーヘンに文字を入れている人がいました。

フランクフルト編は、今のところ以上です。
また、他の街のマーケットの分もアップさせて頂きますね。
[2006/12/06 09:23] クリスマスマーケット | トラックバック(-) | コメント(-)

フランクフルトPart2 

ツリー1

遠くから見て、一目で「しょぼい!!」と思った今年のツリー。
枝振りが寂しいです。

グリューワイン1

Part1にも書いたフォイヤーツァンゲの屋台。

レープクーヘン1

お菓子屋さん。レープクーヘンが一杯。

グミ

グミが一杯のお菓子屋さん。
カラフルで大きなグミ。食べられますか?
黒いグミもあります。(薬草の味。私は嫌いだけれど息子は好きらしい…)

Part3もあるかな…。

[2006/12/04 08:41] クリスマスマーケット | トラックバック(-) | コメント(-)

フランクフルトPart1 

フランクフルトのクリスマスマーケットの風景。
IMG_1297.jpg

このお菓子、初めて見たときはマシュマロのチョココーティングかと思いました。
中はベタ甘いクリームです。
絶対食べたくないドイツのお菓子ワースト5に入ります。

IMG_1296.jpg

おいしそうに見えるジャガイモパンケーキ。アップルソースと一緒に食べます。
家庭でドイツ人ママが作ると美味しいらしいです。
屋台で売られている物を、ふつーの日本人女性が全部(3枚1セット)食べたら確実に吐くでしょう。
私は、一枚目の途中で食べるのやめました。

IMG_1292.jpg

赤ワインにお砂糖とレモンと香辛料を入れて温めたクリスマスマーケットの名物のお酒。
お酒が苦手な私でも飲めます。身体が温まってグッド。
本日は、その後車の運転が控えていたので飲みませんでした。
グリューワインが入ったコップは、デポジットを払いますが、そのまま持ち帰ってもオッケー。2ユーロくらいかな?

IMG_1302.jpg

ハチミツ屋さん。
先日友人から「うちの村の養蜂農家で買った」というハチミツを頂いて、えらく美味しかったので、養蜂農家直売を買ってみました。

IMG_1411.jpg

それがこのハチミツ。

IMG_1315.jpg

毎年出ているこのガラスのオーナメント屋さん。
いつか欲しいと思いつつ、なかなか買えません。
一つのお値段は、そこそこでもツリーに映えるくらい買うとなると相当お金掛かります。

IMG_1304.jpg

マーケット前には沢山の観光バス。

IMG_1312.jpg

なぜか仏像が売られていたお店も…。
クリスマスに一切関係なさそうです。

IMG_1316.jpg

レープクーヘンというハチミツと香辛料(シナモンやグローブなど)がたっぷり入ったドイツのクリスマス菓子。
食べるというより、飾りの要素が大きいいかも。

IMG_1313.jpg

この銅の大釜の中にはグリューワインに少量のブランデーと炎で溶かした砂糖を混ぜた「フォイヤーツァンゲ」というお酒が温められています。
グリューワインより飲みやすい気がします。
独特の素焼きのコップで飲みます。

Part2に続きます。
[2006/12/04 05:57] クリスマスマーケット | トラックバック(-) | コメント(-)

マイカメラ 

先日日本に里帰りした際に、念願の一眼レフデジタルカメラを購入しました。
CANON Kiss Digital Xです。
Kissというのは、日本とアジア?で使われてているブランド名のようで、ヨーロッパでは、このカメラはEOS400Dという名前で売られています。
(ちなみに400DのレンズキットのレンズにはUSMが付いていません)
日本から戻ったヨーロッパの入り口の空港で手荷物のレンズを税関で発見されて冷や汗をかきました。(関税かけられるかも…)
世界のCANONといえど、日本とヨーロッパの商品名が違うと、これから先里帰りで税関を通る度に「日本で買って来たの?!」と詰問を受けそうで恐ろしいです。NIKONのように商品名が一緒なら「ヨーロッパで買いました~」といくらでも言えるんだけれどなぁ…
でも、さすがに商品名「Kiss」じゃ大人の国のヨーロッパでは売れないか…(笑)

現在持っているレンズは
・EF-S18-55mm F3.5-5.6 Ⅱ USM
・EF55-200mm F4.5-5.6 Ⅱ USM
・EF50mm F1.8 II
の3本です。
55-200mmは手持ちではブレがひどくなるで殆ど使っていません…。
憧れはIS(手ブレ防止機能)付きのレンズ。
でも今は、どう考えても手が出ません。
[2006/12/01 06:07] カメラについて | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。